« 相対速度 | トップページ | 「青空を見下ろしましょう」 »

NHK短歌 11月号

NHK短歌 11月号

題:「流」
後ろ向きのみに流れる川沿いで「じゃあ」と別れて踵を返す
(選者:佐伯 裕子 さん 佳作)


新選者になって初めて選ばれました。思えばNHK短歌は半年以上没続き。

大雨の日に、家の横の川が思い込んでいたのと反対向きに流れていることに気付き、そのモチーフから出発しました。川は自分の歩く向きと常に反対に流れているのかもしれないと。

この歌を詠んだ頃は、夜ぷちで

・後ろ向きに歩いていけば若い日に戻れるような五月晴れの日
(栃木県 松 さん)

という歌を見て、短歌は時間を自由な方向へ流すことができるのだと感銘を受けていました。どうにか時間を巻き戻す歌を作ろうと試みていたのですがうまくゆかず、N短の締切に追われてこのような歌ができたのでした。

|

« 相対速度 | トップページ | 「青空を見下ろしましょう」 »

NHK短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK短歌 11月号:

« 相対速度 | トップページ | 「青空を見下ろしましょう」 »